一般社団法人 情報通信ネットワーク産業協会のロゴ
一般社団法人 情報通信ネットワーク産業協会 正会員

東京都公安委員会許可古物商 第303330407512号
総務省関東総合通信局電気通信事業届出番号A-25-13542
運営:株式会社ラピッドテレコム

電話に関する よもやま話

当社運営のこちらのサイトでも情報提供しています

鈴虫の鳴き声が聞こえない

人間の音声周波数は、約70~7000Hz。
一方、従来のアナログネットワークベースの電話は、
300~3400Hzという限られた帯域幅で設計されており、
できるだけ多くの通話を実現するために、音声成分の半分程度が
カットされている。身近な例をあげると、鈴虫の鳴き声は4000Hz以上という
高い周波数のため、電話では聞こえない。

電話の発明者として知られるアレクサンダー・グラハム・ベル。

彼が歴史に名を残せたのは、わずか「2時間の差」という超ラッキーな側面があった。
ボストン大学の教授でアマチュアの発明家だったベルは、1876年2月14日、
特許庁 に自ら発明した電話の設計書を提出。
ところがその2時間後、同じく電話の特許を 申請したいという人物が登場!
プロの発明家のエリシャ・グレイだった。
特許は、2時間早く書類が到着したベルが獲得。
グレイは、ほんのタッチの差で “電話の発明者”の名を逃してしまった。
現在残っているグレイとベルの電話送信機のスケッチは、ほとんど同一、
しかも そのスケッチに残された日付けを見ると、ベルのものには1876年3月9日、
グレイ のものには1876年2月11日と記されていた。
そう、ベルがまだ送信機のスケッチすらできていない時に、
すでに設計図を完成 させていたグレイを出し抜いて、
ベルは電話の特許を獲得したのだ。
一体なぜ?

今となっては信じられないことだが、グレイには言葉を運ぶ機械がおもちゃ以上の
ものになるとは思えなかったのだ。
特許弁護士も企業も同意見。電話で金儲けなど はできないというのが統一見解だった。

そんなわけでグレイは、ベルに特許を奪われたことの重要性にしばらく気づかな かった。
当のベルも、特許は獲得したものの企業に電話の有用性を説くことが
きないというありさま。

思い余ったベルは、グレイのビジネスパートナーだったウェスタン・ユニオン社に
10万ドルで特許を売ろうと申し出たこともあった。
しかし、ウェスタン・ユニオン 社の答はなんとNO!
お互い先見性の無さが語り継がれる逸話だ。

1年後の1877年、ようやく電話の将来性に気づいたグレイと
ウェスタン・ユニオン 社だが、時すでに遅し。
ベルから特許をもぎ取る大規模な訴訟を起こしたが、それも後の祭だった。
やがてベルは、ベル電話会社(後のAT&T)を設立して億万長者。
それにしても 明暗を分けた2時間だった。

もしもしの語源 (出典:ウィふり

NTTの前身、
電信電話公社が電話普及の際に「申す」の意で広めたというCMを
20年以上前にラジオで聞いた記憶があります。
当時の電話は今程明瞭 ではなかっただろうし信頼性も今程ではなく、
相手が自分の声を聞き取れてい るかの
確認をするネゴシエーション手順が不可欠だったためいきなり本論に
入らずこうしたやりとりをするよう指導したものと思われます。
でも時代劇で人に背後から呼びかけるのに「もし」なんて言ってるのを見る
と電電公社の100%オリジナル造語でもなさそうですね。



もしもしについて知ってますよ~~~ 前にTVか雑誌にかいてありました。
「もしもし」とは、最初は「申します。申します。」とう言う意味で、
それがだんだんに「もしもし」になったそうです。
「こんにちは」も、同様で、「今日(こんにち)は良いお日ごろで。」
という挨拶を「こんにちは」となったので「は」は「わ」でなく「は」なんだそうです。
もしもしは、申す申すからきていると聞いていました。


もうしあげます、もうしあげますの”もうし”だけが残った。もうしもうしがもしもしに…



一般的な説ではその昔、電話で最初に話すときに 「申す、申す(もうす、もうす)」
と言ってから話をしてたそうです。
それが現在では変化して「もしもし」となったそうです。


「もしもし」=「申す申す」
電話がでまわり始めた頃(?)キチンと相手に聞こえているのか心配したのか
「え~、申す、申す」や「あ~、申します、申します」と呼び掛けてから
用件を話していたようです。
それを略して、現在の「もしもし」になったので「もしもし」を広めた人物は特定できませんが、
多分『クチコミ』みたいに広まったと思われます。
なぜなら、電話が出回り始めた頃は圧倒的に台数が少なかったので「もしもし」が
『クチコミ』のごとく広まるのは当然のことでしょ?


もしもしは「申す申す」が語源という説を聞いたことがあります。
電話だけでなくて、人に突然話しかけるときも「もしもし」と使うときがありますよね。
今はあまりみないけど。「もしもし、ハンカチ落とされましたよ」みたいな。



日本で電話が始まったころには、受話器を取って本題の話を始める前に「申す、申す」と
呼びかけたことがはじまりで、それが少しずつ変化して現在の 「もしもし」となったものです。


その昔は「今からモノを申します。」という意味で 「申す(もうす)もうす」と言っていたそうです。
それがいつの間にか短縮されて「もすもす」→「もしもし」になったらしいですよ!


日本最初の電話で、相手との会話のときに言った「申し上げる 、申し上げる」からきてます。


昔私が小学生だった頃(15年前)にジャポニカに最後のページに書いてあったのを思い出しました!
「もしもし」は「申し上げます。申し上げます。」 から段々短くなったってかいてありましたよー^^)


昔、電話ができた頃は交換手(現在の交換機)を経由して相手に話しを伝えていたそうです。
(この辺については、よく覚えてませんが・・・)
そのときに話す最初の言葉として「申します,申します。」
といっていたそうです。それが,だんだん略されて「もしもし」となったようです。
昔,TVでも同じ題材で番組が放映されていました。
もしもしって、申します申しますの略でしょう。
初めて日本で音声を伝えるとき、聞こえますか~ってなかんじで、
申します、申しますといったのでしょう。
”左様なら ではこれにて失礼つかまつります”が”さようなら”になったように。


はい、これは、 「申す、申す(もうす、もうす)」が 訛ったものです。電話をかける人物が、
“これから私が申し上げる”という意味で使いました。


「申す申す」(もうす、もうす) が変化して「もしもし」になったそうです。



たしか電話が日本に出来た初期に音が悪くよく聞こえない、
かつ受話器が送信・受信を兼ねている機械だったということもあるらしいのですが、
相手にこれから話しを始め ますぞ、という意志を伝えるために、「申す申す!」と
言ったというのが通説だと思 いますよ。
もーすもーす

もうし、もうし

もしもし
うーん、とってもわかりやすいですねえ(笑)
( 広めたのは誰?っていうのは全然わかりませんが・・・)


「もしもし」についてですが、その昔、電話があった時代か無かった時代か忘れましたが、
(たぶん無い時代でしょう)、伝聞役が殿様?(目上の人) に内容を伝える時に使っていた
「申す申す」が変化したものだと、本で読んだことがあります。雑学の本だったかな。
その辺の本当たってみれば、解説されているはずですよ。



電話が、使われだした当初「では、申し上げる。」と言ってから、話だしたそうです。
「申す申す。」が「もしもし」になったようです。
最近、思うんですが、昔の言葉の方が、語彙も多かったし、
優雅で礼儀正しく、良かったなあ・・



「もしもし」は「もうします、もうします」の略で昔日本で電話が使われだしたころ、
たしか電話の交換士が使っていて、それがだんだんと省略され
「もしもし」にな り定着したそうです。
(以前TVでやってました)


アメリカ(?)の歌手のグループ(名前は忘れました)が来日して
ラジオの番組でイ ンタビュー受けていて日本人が電話で話すとき
「もしもし」というのを聞いて 「ウォッシングマシーン(洗濯機)」と聞こえて
可笑しくてしょうがない、といったようなことを言っていました。
個人的には「もしもし」→「ウォッシングマシーン」 はかなり無理がある気がするのですが・・・



以前読んだ本(タイトル失念)に日本で電話使われだしたころに 「申す申す」といってから
会話を始めたのがなまって 「もしもし」となったとありました。


どうして、これが使われたかはわかりませんが、語源は「申す申す」です。



30数年前に聞いたことが有るのですが、電話が日本にやってきた時代は
一昔前の国際電話と同じで交換手と言うものが存在したそうです。
電話をかける時はまずその交換手に電話がかかり相手方の
名前等を告げて繋げてもらうと言うしくみだったようです。
その交換手に呼びかける第一声が「申し上げます・申し上げます」だっ たそうで、
それが省略されて「もしもし」になったと言うことらしいです。


明治時代、電話が初めてひかれたとき第一声、(試験通話?) が「我、物申す」だったそうで、
「申す申す」が「もしもし」になったと聞いたこ とがあります。

伝える手段

明治23年12月16日に、東京都内と横浜市内で電話の交換業務が開始されました。
これを記念して、今日は「電話創業の日」となっています。  
現在、私たちを取り巻く伝達機能は、インターネットや携帯電話などの情報通信技術の発達により、ますます便利になっています。
携帯メールでのやり取りは、先方の都合に関係なく物事を伝えることができるため、手軽で楽なものです。  その反面、便利さに慣れ過ぎて、情報機器に依存し過ぎてしまうケースも多く見受けられます。
一方的な発信で終わってしまう場合もあり、また相手がみえないために、伝わり切れずに誤解を招くこともあります。  
人は表情や視線、動作、他人との距離感などから、相手の様子や伝えたいことを読み取る事ができます。自己中心的な考えだけでなく、直接、他人と接しながら、相手の発するメッセージを敏感に汲み取ることも大切なのです。  
年末は慌しい時期ですが、お世話になった人のもとに直接出向き、顔を合わせて挨拶を交わす機会を設けたいものです。

●今、利用している電話番号を、変更しないで移転ができる電話サービスを、東京/横浜/川崎/千葉/埼玉/名古屋/大阪で展開中です。 NTTや電話屋さんも知らなかったりするサービスで、電話番号を変更したくない御客様からは、絶大的に喜ばれております。電話番号や設置住所など、条件が有りますので、まずはご相談ください。今は移転しなくとも、将来的に移転しても電話番号を変えたくない方にも、お勧めです。エリア【area】というサービスです。

●ラピッドテレコムの中古レガシービジネスホンの一番の特徴は、長期保証です。ビジネスホンは安定的に稼働できるの製品ですが、万が一の場合でも、保証がついているから安心です。  ①5年間又は3年間の保証付  ②返品保証と返金保証 の2つの制度で、安心してご導入頂けます。

●従来の現金でのお支払に加え、事務所開設時などに、何かと資金繰りに優しい、①割賦払い6回と12回払い ②リース契約(新品の場合のみ) ③クレジットカード払い(対面決済のみ)を取扱いしております。お気軽にご相談ください カード種類→Visa、MasterCard、JCB、 American Express、Diners Club、Discover  

●リース契約は、提携先とONLINE審査が可能となっており、最短では数分で予備審査が完了となります。入力したデータを活かしてそのまま契約書が作成され、御客様へPDFデータでメール送信し、そのまま御客様で署名・捺印頂く事で、契約事務手続きが完了するスピーディな展開が可能です。審査や手続きは無料です。 

相談して早期結論を求めている御客様は、クイックRENBIZ見積フォームをご利用頂きますと、回答が素早くできますので、是非ともご利用ください。

 工事協力店様 社員募集*力お貸しください 


 工事対応可能エリア:日本全国(派遣拠点は 此方)     

 最寄り駅:小田急線-南新宿駅から徒歩2分 →(地図
新宿駅から徒歩8分 代々木駅から徒歩5分

株式会社ラピッドテレコム 本社  〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-22-17 岩波ビル4F

0800-170-5555 (通話料無料)