一般社団法人 情報通信ネットワーク産業協会のロゴ
一般社団法人 情報通信ネットワーク産業協会 正会員

東京都公安委員会許可古物商 第303330407512号
総務省関東総合通信局電気通信事業届出番号A-25-13542
運営:株式会社ラピッドテレコム

Q&A こんな落とし穴に要注意!一般的なリーストラブル110番

地域限定で「リース地獄レスキューコース」を始めました

010101man12 故障の修理費は自分で払うの?
リース物件がすぐ壊れた!
借り換え
の方がおトク?
やはり物件を返したい…
010101man13

 

ラピッドテレコムのレンタリース(当社独自)は、
こちらの信販会社を利用したリースとは違い、以下のような落とし穴はありません
税法上もレンタルと同じように賃貸借処理ができます。

リースによるトラブルを未然に防ぐ為、 起こりうるトラブルやリース前に
必ず解消しておきたい疑問についてお答えします!

*下のQuestionをクリックして、Answerへ

 

Question
CASE 1 ■トラブル例■
リース期間を数カ月残して、物件が壊れてしまった。
それでもリースを解約できないのですか?
CASE 2 ■トラブル例■
やはり契約を取りやめたい。
クーリングオフしたいのですが…
CASE 3 ■トラブル例■
機械が動かない!故障した!
修理費を請求したいのですが…
CASE 4 ■トラブル例■
リースを借り換えたほうが毎月の支払いが減るといわれたのですが…
CASE 5 ■リース満了のときは■
基本リース期間が満了した後、
引き続きリース物件を使用したい場合には、
どのようにしたら良いのですか。
CASE 6 ■再リースのときは■
基本リース期間が終了し、
引き続きリース物件を利用したいので再リースすることにしました。
この場合の留意点について教えてください。
CASE 7 ■リース終了のとき■
基本リース期間が終了したので、
リース会社にリース物件を返還することにしました。
この場合の費用負担等、留意点を教えてください。
CASE 8 ■リース終了物件の廃棄とリサイクル■
リース契約が終了した物件は、どのように廃棄するのでしょうか。
CASE 9 ■環境政策とリース■
リースと最近の環境政策、
特にリサイクルとのかかわりについて教えてください。

 

Answer

CASE 1
■トラブル■
リース期間を数カ月残して、物件が壊れてしまった。
それでもリースを解約できないのですか?

<Answer>
リースは中途解約できないのが基本です!

中途解約はできないので、残りのリース料を支払うことが求められます。
リースとは、物件相当額の融資をユーザーがリース会社から受け、設備投資したと考えるべき契約です。
銀行の融資に比べ審査のハードルが低く、機動性の高い設備投資ができること、 所有権はリース会社にあるので、ユーザーは所得税を支払う必要がなくリース料は 全額損金として計上できます。
小額で設備投資ができることが最大の利点です。
物件代金はリース会社が支払うため、ユーザーからリース料金が回収できなくなるリスクを このようなリスクを負うかわりに、所有権を保持し続けるといってもいいでしょう。
ユーザーはリース会社から借金をするのですから、途中で物件が壊れたといっても、 お金の返済をする義務は引き続き負うと考えられます。
リース料の支払いと物件の修理・保全は別物なのです。

Point
リース=借金と同じと考える

リースは物を借りる契約ではなく、お金を借りる契約=借金と同じことだと考えましょう。
リース総額1000万円の機械を借りるということは、1000万円のお金を借りたということなのです。
借りたお金は、当然、全額返さなければなりません。

類似事例
経営が悪化して毎月のリース料が支払えません。 それでも解約ができないと言われています。
<対応策> 中途解約したいという相談の理由の多くは、契約者が亡くなってしまった、経営が悪化したといったもの。 その場合は月々の支払い額を減らし、支払い回数を増やすといった交渉をリース会社と行うことになります。 それでも最初に設定したリース料は全額支払うことになります。

▲ Q&A一覧へ戻る

CASE 2 
■トラブル■
やはり契約を取りやめたい。
クーリングオフしたいのですが…

<Answer>
事業者は、消費者保護法の対象外!

リースに関する法律相談として中途解約に次いで多いのが、クーリングオフに関する相談です。
しかしクーリングオフは「消費者保護」を対象とした制度であるため、 事業者が契約者となる場合は適用されません。
事業者はあくまでも自己の責任のもとに契約を締結することが前提とされています。
どうしても解約したい場合は、違約金(通常は残りのリース料)を支払っての解約となるので 注意してください。

Point
契約には細心の注意を

事業者といっても、導入した機器を自宅用途などにも利用している様な場合は、 適用になるケースもあります。

■類似事例
知人からリース契約の連帯保証人になってほしいと頼まれましたが…
<対応策>
通常契約企業の社長は、リース契約の個人的な保証人になります。
稀に社長以外の人で保証人が必要だと言われるケースもあり、その場合は誰かに 保証人になってもらうよう頼まなければなりません。
リース契約とはいえ、借金の契約と同じですから、安易に引き受けてはなりません。
保証人は契約者の支払いが滞った場合には当然支払い義務が生じるなど、
保証人としての義務をきちんと説明しないような場合は、特に注意が必要です。
連帯とは、契約者とまったく同じ義務を負うという意味です。

 ▲ Q&A一覧へ戻る

CASE 3  

■トラブル■
機械が動かない!故障した!
修理費を請求したいのですが…

<Answer>
リース会社には、修理や動作保障義務がありません!

リース契約の場合、リース会社は物件の品質や修理、保全等に関する責任を 負わないとされています。
契約書には必ずこの条項が含まれているので注意が必要です。
物件の売買ならば、売主には買主に対して「瑕疵(かし)担保責任」があるとされています。
一般的に考えられる範囲で、「間違いのない品物」を売る責任が売主にはあるということです。
しかしリース契約は売買契約ではありません。
したがってリース会社はこの責任から免れているのです。
機械の故障や不良品などの修理・取替え等については、瑕疵担保責任に特約をつけて対応します。
ここで修理の範囲やその認定基準などを定めているため、契約時には必ず確認をしましょう。

Point
メンテナンス契約をサプライヤーと別途結ぶ

リース契約ではリース会社がユーザーの費用負担で、物件の保守・修繕を行うことが 義務づけられています。
しかし実際にはユーザーとサプライヤー(またはメンテナンス会社)との間で保守契約を締結し、
ユーザーがリース料とは別途に毎月の保守料を支払って、メンテナンス契約をした場合の 修理費の負担率や手続き方法なども必ず確認しましょう。

■類似事例
機械が不良品だったのに、修理費を負担しなければならない? しかもリース会社はリース料を請求してきます!
<対応策>
リース契約は物件搬入後に、「確かに物品を受け取りました」という覚書である「物件借受証」が 発行されて
はじめて開始されます。
なかにはユーザーの了解なしに、勝手に借受証を発行してしまうサプライヤーがいます。
リース会社は借受証を受け取ったため、リース料を請求してくるのです。
このような事態に陥らないためには、物件借受証はユーザーによる動作確認後に
ユーザーの認証のうえで発行すること、この時点での動作不良はサプライヤーの責任で
取替え・修理することを契約に入れておきましょう。
ユーザーによる動作確認後に借受証を発行するとしていたのに、勝手にサプライヤーが発行した といった事例に対しては、ユーザーの支払い拒否とリース解約を裁判所が認めた判例も出ています。

▲ Q&A一覧へ戻る

CASE 4

  

トラブル■
リースを借り換えたほうが毎月の支払いが減るといわれたのですが…

<Answer>
支払い総額で比較検討を!

リース会社や代理店から「借り換えをしたほうが毎月の固定費が減るので、楽になりますよ」
と 勧められたという話をよく聞きます。
このようにリース会社や代理店から勧められる場合、リース料総額で比較すると、結局は支払い総額が 膨らんでいるケースが多いのです。
「リースは借金と同じ」という原則を思い出し、安易な借り換えはしないように気をつけてください。

Point
多数のリースは経営圧迫の原因にも

時々何でもかんでもリースしてしまう会社があります。
リースは月々の支払が少ないので、簡単に契約してしまうのです。
しかし倒産した企業の経営状態を見直すと、不必要なリースが多くあることも多く、
リースが経営を圧迫する一要素となっていることもあるのを忘れずに!

▲ Q&A一覧へ戻る

CASE 5  

■リース満了のときは■
基本リース期間が満了した後、引き続きリース物件を使用したい場合には、 どのようにしたら良いのですか

<Answer>
リース期間満了の数ヶ月前までに、リース会社からお客様へ「リース満了のご案内」を送付しますので、
再リースするか(CASE 6参照)、リース物件を返還するか(CASE 7参照)をお客様が選択し、指定期日までに必ずリース会社までお申し出下さい。
なお、リース契約は賃貸借契約を基本としていますから、リース期間、再リース期間が終了してもリース物件の所有権はお客様に移転しません。
昨今は、再リース手続きにつきまして自動更新により行われることがあります。
この手続は、お客様が期日までにリース会社に対して、リースの契約の終了・返還のお申し出をされないと、自動的に再リースへ移行することを言います。

▲ Q&A一覧へ戻る

CASE 6  

■再リースのときは■
基本リース期間が終了し、引き続きリース物件を利用したいので再リースすることにしました。 この場合の留意点について教えてください。

<Answer>
通常、再リースの契約期間は一年となっており、その料金は、基本リース期間中の年間リース料と比較して割安(*)となっています。
(*)法人税法施行令第136条の3(リース契約に係る所得の計算)及び法人税基本通達第12章の5(リース取引)により、
無償と変わらない名目的な再リース料で再リースすることは、税務上、売買取引として取り扱われます。

再リース料は一括して前払いしていただきます。
再リース一年経過後に引き続き使用したい場合には、再度、1年間の再リース契約を締結することになります。
なお、お客様の都合により、再リース契約を途中で解約しても、未経過分の再リース料は返還されません。

▲ Q&A一覧へ戻る

CASE 7  

■リース終了のとき■
基本リース期間が終了したので、リース会社にリース物件を返還することにしました。
この場合の費用負担等、留意点を教えてください。

<Answer>
リース物件は、リース会社の指定する場所、または指定する業者に返還していただきます。
リース契約書には、通常『リース会社の指定する場所に送付する』、『リース物件の返還に要する費用はユーザーが負担する』という条項があります。
したがって、リース物件の返還に要する費用はお客様の負担となります。
また、リース物件はリース会社の所有物ですから、リース物件を壊したり、その一部を手元に残すようなことはできません。
そして、リース物件をリース会社に無断で販売会社等に引き渡すこともできません。 なお、パソコン等、コンピュータ類につきましては、記憶装置に記憶された情報データをお客様の責任とご負担で完全に消去・抹消のうえ、返還されるようお願いいたします。

▲ Q&A一覧へ戻る

CASE 8  

■リース終了物件の廃棄とリサイクル■
リース契約が終了した物件は、どのように廃棄するのでしょうか。

<Answer>
リース契約が終了した物件は、リース会社が廃棄、リサイクル等の手配を行いますので、
お客様がリース会社の承諾なしに勝手に下取りに出したり、廃棄等を行うことはできません。
廃棄物処理法では、廃棄物の処理(収集運搬、処分)を他人に委託して行う場合、
許可を得た業者に委託することを求めています。
このため、お客様が廃棄物の収集運搬、処分の法的資格を有していない限り、
リース会社がお客様にリース終了物件の輸送や処分を委託することも、お客様が受託することもできません。
リース会社は、返還を受けたリース物件の適正な処分とリサイクルを推進していますので、お客様のご協力をお願いします。
なお、各種リサイクル法等の対象品となるリース物件の返還については、法定のリサイクル費用の負担など、お取引のリース会社にお問合せ下さい。

▲ Q&A一覧へ戻る

CASE 9  

■環境政策とリース■
リースと最近の環境政策、特にリサイクルとのかかわりについて教えてください。

<Answer>
リースに関連する廃棄物・リサイクル関連法の全体像は以下のとおりです。

kowai-lease
最近は、環境負荷の低減や天然資源の消費抑制等を背景とした、
『廃棄物の3R(リデュース:発生抑制、リユース:再使用、リサイクル:再資源化)推進』 がキーワードとなり、
個別物品の特性に応じた規制が強化されるようになってきています。
一方、廃棄物の処理についても、廃棄物の不適正処理に関する罰則が強化されています。
リース各社は、これらの法令に則り、適正処理を行っております。
※CASE5-9
出典:社団法人 リース事業協会

▲ Q&A一覧へ戻る

 

ラピッドテレコムのレンタリースは、
こちらの信販会社を利用したリースとは違い、以上のような落とし穴はありません
税法上もレンタルと同じように賃貸借処理ができます。

地域限定で「リース地獄レスキューコース」を始めました

 

●今、利用している電話番号を、変更しないで移転ができる電話サービスを、東京/横浜/川崎/千葉/埼玉/名古屋/大阪で展開中です。 NTTや電話屋さんも知らなかったりするサービスで、電話番号を変更したくない御客様からは、絶大的に喜ばれております。電話番号や設置住所など、条件が有りますので、まずはご相談ください。今は移転しなくとも、将来的に移転しても電話番号を変えたくない方にも、お勧めです。エリア【area】というサービスです。

●ラピッドテレコムの中古レガシービジネスホンの一番の特徴は、長期保証です。ビジネスホンは安定的に稼働できるの製品ですが、万が一の場合でも、保証がついているから安心です。  ①5年間又は3年間の保証付  ②返品保証と返金保証 の2つの制度で、安心してご導入頂けます。

●従来の現金でのお支払に加え、事務所開設時などに、何かと資金繰りに優しい、①割賦払い6回と12回払い ②リース契約(新品の場合のみ) ③クレジットカード払い(対面決済のみ)を取扱いしております。お気軽にご相談ください カード種類→Visa、MasterCard、JCB、 American Express、Diners Club、Discover  

●リース契約は、提携先とONLINE審査が可能となっており、最短では数分で予備審査が完了となります。入力したデータを活かしてそのまま契約書が作成され、御客様へPDFデータでメール送信し、そのまま御客様で署名・捺印頂く事で、契約事務手続きが完了するスピーディな展開が可能です。審査や手続きは無料です。 

相談して早期結論を求めている御客様は、クイックRENBIZ見積フォームをご利用頂きますと、回答が素早くできますので、是非ともご利用ください。

 工事協力店様 社員募集*力お貸しください 


 工事対応可能エリア:日本全国(派遣拠点は 此方)     

 最寄り駅:小田急線-南新宿駅から徒歩2分 →(地図
新宿駅から徒歩8分 代々木駅から徒歩5分

株式会社ラピッドテレコム 本社  〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-22-17 岩波ビル4F

0800-170-5555 (通話料無料)